内視鏡検査看護師の仕事内容

内視鏡検査は、病院はもちろんのこと、クリニックや健診センターでも広まりつつあります。消化器系の他にも耳鼻咽喉、膀胱、子宮など様々な人体の内部の診断ができるので注目されています。それに伴い、内視鏡検査看護師の求人情報も多数募集されています。内視鏡検査看護師の仕事内容ですが、検査に関する説明を患者に対して行うことが挙げられます。特に検査前日や当日に気を付けるべきことなどのアドバイスをします。

 

検査当日には、前処置を行います。検査中は特に具体的な業務はありませんが、胃や大腸、気管支の検査の場合、鎮静させる必要があり状態の観察をして異変が起きていないかどうか確認する必要があります。内視鏡検査は医者が主に行いますが、介助や記録画像の整理などの業務でフォローします。

 

内視鏡検査を行っている所の中には、1日に何十件単位で検査を実施している所もあります。そこでいかにして医者がスムーズに検査できるかを考えて、サポートする必要があります。

 

病棟勤務に比べて職場環境は穏やか

内視鏡室での仕事は体力的負担が少ないというのが魅力の1つです。こういった「働きやすさ重視の職場」としては企業看護師(産業保健師)や保育園ナースなどもあるので、そちらもチェックしておきましょう。

産業保健活動ってナニ?企業看護師・産業保健師になるために抑えておこう!

内視鏡看護師と内視鏡技師

内視鏡看護師の中には、内視鏡技師の資格取得を目指す人もいます。内視鏡技師の資格を取得すれば、自分で実際に内視鏡検査ができ、より活躍できるフィールドを広げられます。内視鏡技師になるためには、学会に所属している専門医の下での実務経験が必要です。内視鏡看護師でも介助実績があれば、資格が与えられます。

 

その上で、学会が主催している講習会を受講します。解剖学や生理学などの基礎医学講義や内視鏡に関する基礎講義を勉強できます。所定するカリキュラムを修了すると、書類審査と学術審査、口頭審査を実施して、合格すれば内視鏡技師の資格が得られます。合格者には認定証が発行されます。

 

内視鏡技師になっても、5年ごとに更新が必要になるので一定以上のレベルを維持しないといけません。内視鏡の世界として今後本格的に仕事をしてみたいというのであれば、内視鏡技師の資格を取得してみるのもいいです。講義などに出席できるようにサポートしてくれる医療機関が好ましいです。