ママさん看護師と内視鏡看護師

男性看護師も増えているものの、まだ全体の95%は女性によって占められています。女性の場合問題になるのは、結婚や出産をしてその後家事や育児と両立しながらどのように仕事をするかという点です。ママさん看護師で仕事をするためには、育児に対するサポートをしっかりとしてくれる所を探しましょう。

 

内視鏡看護師の求人を出している医療機関の中には、託児所を設置している所もたくさんあります。仕事中は託児所に子供を預けて仕事ができます。子供に何かあっても、すぐに駆けつけられるので仕事に専念できます。

 

内視鏡看護師の場合、夜勤を担当することはまずありません。ですから規則正しく仕事ができるので、病棟看護師と比較すると育児をしながら仕事をこなすのも比較的楽であるといえます。もしいきなりフルタイムで仕事をするのが厳しいというのであれば、パートタイムの内視鏡看護師の求人募集もいろいろと出ています。まずはパートから職場復帰をしてみるといいでしょう。